終末期りはびりドリッパー

自分らしく生きるため、生きてもらうための知識や経験をドリップ。

リハビリを管理したいなら現場を見るべし。

リハビリ中間管理職を1年間行い、下半期では慣れてきたので分析やら再編やら行ってきました。

 

まだまだ課題の多い職場ですが、これを解決に向かう過程も含めてやりがいを感じているところに、中間管理職に向いているのではないかと少し思えるところがあります。

 

ですが、職場をどうしていくか必死に考えている時に経営側の上司、より上位の管理者はとてつもないことを言います。

 

それも分析なしにきれいな数字だけを出して。

 

そもそも「管理」とはなんでしょうか

管理(かんり)とは - コトバンク

と、あまり望んでた言葉は載っていなかったですが、やはり現場の事情を知っているから管理ができるのではないかと思います。

 

収益重視で考えるのか、

思想重視で考えるのか、

 

どちらでも構いませんが(後者自体は賛成しませんが)、そのための行動内容が不明確だとまるっきりだめだと思います。

 

収益重視なのに、無駄な会議を入れてみたり、余計な人員を使ったり。

 

それに気づかない経営側なので言わなければ改善しません。

変わることは考えていませんが、今日はとことん必要な会議をしてまいります。

 

 

少しいらだっているUta