終末期りはびりドリッパー

自分らしく生きるため、生きてもらうための知識や経験をドリップ。

子供の誕生と親としての責任

久しぶりの投稿です。

 

先日、第一子が誕生しました。

帝王切開となりましたが、立会いができるので妻のそばで子供が生まれる瞬間を一緒に見ることができました。

 

それでも実感はあるようでないような不思議な感覚。

 

帝王切開後の妻の痛みに耐える姿に、何もできずただ寄り添うだけでしたが、こうやってそばに寄り添える時間を作ることができる職場に感謝しきれません。

 

そして妻には本当に感謝です。

 

退院後、3時間おきの授乳に1日目はぼくもフォローができましたが、2日目には撃沈。

 

記憶にはありませんが、どうやらオムツ交換を1回はしたらしいです。

 

女性は本能的に起きる能力ができるのだとか。

 

全く起きられない自分にただただ落ち込みました。

 

自分に何ができるのか考えてみたところ、

「日中に妻が休める時間を作る」

ということが1つの方法と気づきました。

 

今日は昼寝したかったですが、なんとか耐えて、ずーっと抱っこして過ごしました。

 

子供の寝る姿、たまに出てくるふとした笑顔…

たまりませんね!

 

妻の笑顔もたくさん出るように親として一歩一歩進みたいと思います。