終末期りはびりドリッパー

自分らしく生きるため、生きてもらうための知識や経験をドリップ。

足を冷やしやすいスキニー?温めるのはタイツ?それでは健康に良いのは?

突然ですが、スキニーパンツ履きますか?

僕はたまに履きます。しかし野球をしていたので、太もも・ふくらはぎがパツパツ…笑

履くとしてもストレッチ素材のものを重視しています。

 

この冬時期のスキニー、結構寒いんですね!

この前冬時期に初めてスキニー履いて外に出たら、すごく寒かったことを知りました。

 

一方でこの冬時期に欠かせないのが、タイツです。

ユニクロの「ヒートテックタイツ」は仕事の時にいつも身につけています。

暖かいんですよね。

 

スキニーもタイツもどちらも肌にぴたっとくっつきますが、暖かさに違いがあります。どちらも肌にぴたっとくっついている共通点がありますが、健康的にスキニーとタイツで違いはあるのでしょうか。

 

 スキニーパンツのメリット・デメリット

メリット:外見を細く見せること

スキニーパンツは足を細く見せることができるズボンのこと。

スキニーは英語で「やせこけた」という意味があるとか。

足を細く見せてシルエットを良くする効果があります。

すっきりとして見えるので、ちょっとしたフォーマルの場でも活躍します。

デメリット:健康被害

コンパートメント症候群による

しかしそのスキニー。

締め付けてしまうがために血液の流れを悪くしたり、筋肉、神経にまで影響が出るとか。数年前にニュースでみましたが、それには驚きました。

 

スキニーの締め付けによってコンパートメント症候群*1を起こしたりするんですね。

しびれや歩行障害になったりするそうです。

冷えにもつながりやすい

血行の流れを悪くするほか、動きが妨げられるので冷えにつながりやすいです。

女性は特に冷えやすい体質なので、スキニーを履くことによって冷えが助長されそうですね。

そのほか、お腹をしめつけることによって血行が悪くなり、便秘にもなりやすいとか。

女性の大敵になりかねません…。

予防するためには「ストレッチ」

これを防ぐためには試着の際に、動いたりしゃがんだりして、身体に痛みがないかを確認したり、履く日を決めた方がよさそうです。

スキニーでもストレッチ素材のものは締め付けが弱いのでいいと思います。

身体を動かす「ストレッチ」と衣類そのものの「ストレッチ」素材が必要ということになります。

f:id:abytskrice:20190127190404j:plain

タイツのメリット・デメリット

メリット:暖かさ

「ヒートテックタイツ」など身体を温める機能をもった製品が多く、ズボンの下に履くことで暖かく仕事を行うことができます。

スキニーにも暖かい素材を使用した製品がありますが、肌(に密着した衣類)と衣類の間の空気の層を作ることが身体を温めるには効果的です。

スキニーとの違いは「空気の層」?

スキニーもタイツも肌にぴったりと接触していますが、体感温度では圧倒的にタイツの方が暖かい気がします。とはいえ僕は男性です。女性のようにタイツだけ装着して外は出歩けないので、ズボンの下に装着した感想でしかありません。

 

スキニーの場合は空気の層が作りにくいので、寒さを感じてしまうのではないでしょうか。タイツも寒さは感じるようですが、汗などの湿気を熱に変換する「吸湿発熱」機能で温めるので、「身体を動かすこと」はタイツを履いていても大切といえます。

 

 

デメリット:消耗しやすい/静電気?

ストレッチ素材である分、すぐに伸びてしまう気がします。

1年に1回は買い替えをしている人もいるのではないでしょうか。

 

そして僕は身につけ始めてから感じること、

静電気バッチバチです。笑

調べてみると、タイツなどの繊維である合成繊維製品は静電気が起こりやすいようで、僕の身につけているタイツも静電気を発生させる要因になっていたのでした。

これは辛い。

f:id:abytskrice:20190127193220j:plain

病院のドアにもこんなのが欲しい…

 冬にはタイツ!でもそうとも言えないかも

ここまででスキニーはおしゃれ的要素が強く、タイツは身体を温める保温的な機能があることがわかりました。

健康的にはスキニーよりはゆったりめのズボンの選択を。

そして身体を温めるにはタイツの着用がおすすめできそうです。

 

ですが、冷えの改善を目的に夜中に着用することは果たしてよいのでしょうか。

タイツ着用での睡眠経験談:気になって眠れない。

寒い夜中、着用して眠ってみようと思いましたが、全然眠れません。

あの締め付け感が気になって仕方がないのです。

多分眠れない人が圧倒的なはず。

すぐに脱いで無事寝ることができました。

よれよれタイツは効果的か

次の日、捨ててもよさそうなタイツを着用し、再び寝ます。

よれよれ=締め付けが弱くて血流を邪魔せず、かつ暖かいのではないかという戦略です。

結果は暖かく眠ることができました。

やはり血流を邪魔してしまうのは眠りを妨げる原因になりそうです。

環境の変化だけで健康を求めても変わらない!

寒いからタイツ!

寒いから暖房!

すごく簡単な方法ではありますが、そうやって自分の周囲の衣類や環境を変えることはいくらでもできます。

タイツを履けばそれは暖かく過ごせると思います。

僕も履き続ける予定です。

 

でも環境面だけの対処で良いでしょうか。

本来、人にも身体を温めたり、体温を下げたりする機能が備わっています。

どうしたらその調節が上手く働くかを普段の生活から手助けしてあげないと、環境からの調節だけで対応せざるを得ないのではないでしょうか。

 

今回の話のテーマであるスキニーとタイツ。

スキニーの健康被害を予防するためには「ストレッチを適度にする」こと。

そしてタイツの吸湿発熱機能を高めるには「運動をする」こと。

実はどちらも身体を動かすことが重要なんです。

 

身体の内側から温める方法に関してはこちらの記事に少し書きました。

 

www.uta-reha.com

 

雪の降っているときは雪かきで身体を動かすことが一石二鳥ですね!

家族にも喜ばれて一石三鳥でしょうか!

 

身体を動かして身体の内側から温めてあげること。

精神的にもすっきりできると思いますよー!

 

Uta

*1:筋肉や神経、血管などが物理的な圧迫によって発症する病気のこと。打撲などの出血で内圧が上昇し起こることがある