終末期りはびりドリッパー

自分らしく生きるため、生きてもらうための知識や経験をドリップ。

子どもの目を見て話すということ

先週の託児経験。

元気に寄ってくる子どもたちがたくさんでした✨

 

他人の子どもに関わって。感情を知る、表出することの大切さ。 - 終末期りはびりドリッパー

 

そしてどの子もぼくの顔をちゃんと見てくれていました。

 

何かを伝えたい時って目を見て話そうとするんですかね✨

 

実はぼく目を見て話すことが苦手な人間です💦

 

患者さんだと自然と目を見て話せるんです。

でも普段は結構苦手です。

 

被害妄想的な思考で過ごしていた時期もあったので、顔を見て話すことに抵抗があったりします。

しかしその分、表情やしぐさで大体のことがわかるようになりました笑

嫌なやつですね💦

 

それはさておき、子どもがまっすぐとこちらを見ているときには、やはりこちら側もまっすぐと見てあげることが大事だなと思いました。

可能であれば視線もまっすぐだといいのかな?

 

いくら子どもといえども、1人の人として接したいなと思います。

 

さて、今週は経営者との会議に参加します。

もちろんこちら側の不足もありますが、しっかり話し合って、スタッフの働きやすさ、やりがいを作っていきたいと思います。

 

 

Uta