終末期りはびりドリッパー

自分らしく生きるため、生きてもらうための知識や経験をドリップ。

小心者が終末期リハのブログを約1ヶ月続けて〜メリットとデメリット〜

年末から昨日まで1日1記事を目標にブログを書き続けました。

初めてのブログ以上に、「何かを発信する」ということは得意な方ではありませんでした。

現実場面でも控えめに生活してきたので、ブログで誰かに伝えるという行動自体に最初はかなりの抵抗感と怖さを感じていました。

ですが、この1ヶ月で大きな心境の変化を感じています。

そして効果を実感しています。

もちろんちょっとした副作用もあります。笑

書き連ねてみます。

 

メリット

思考がすっきりとする

文章力のない僕が毎日何かを考え、書き連ねる。

どうしたら伝わるのかを考えつつ、どんな内容にしたほうがいいのか

とにかく考える。

読み返してみて、わけわからないなと思うこともたくさんありました。

それでも書き続けるという作業は僕自身が何を考えていたのかを具体化することができました。

2週間ほど経過してからでしょうか。

どこか頭がすっきりとした感覚になりました。そして不思議とストレスもなく、何を書こうかなぁと考え始めます。

パソコンを打っている間はとにかく打ち続けるので1時間にらめっこしていても苦痛に感じませんでした。

この感覚はハマったゲームをやり続けるような感覚に近い気がしました。

嬉しい

いいねが押されたり、読者になっていただけたりすると嬉しさが湧き上がります。

職場という小さな社会の中で共感を得ることも嬉しいですが、小心者の僕が勇気を出して飛び込んだこの社会で評価されることは幸せな気持ちでいっぱいです。

デメリット

プレッシャー

『終末期リハビリ』というテーマで書いていますが、自分の無知であることや、『終末期』という難しいテーマに対して考え、発信することに大きなプレッシャーを感じます。ですがプレッシャーを感じつつ、今の自分以上に学ぶことも大事にして書き続けたいと思います。

夢でブログに襲われる

寝る間際までパソコン操作をしているせいか、1週間ぐらい夢に必ずブログが出てきました。SEOやらグーグルアドセンスやら、ブログデザインやらリハビリとは無縁の分野を学び続けた期間でもあります。

かなり脳を酷使し続けました。

 

…酷使してきた。

 

一番のメリットは今まで甘かった自分を振り返ることができた

今まで頭を使ってきたようで、この1ヶ月と比べるとそこまで使ってなかったんじゃないかと振り返ることができました。

これが習慣になれば今大変だっと思っていることも普通になるのではないかと感じることができています。

とにかく継続は力なりですね!

 

知識に関することはしっかりとしたものを書かなくてはと思うので、

いろいろな本をみながら勉強してしっかりとアウトプットできたらと考えています。

そのため、時間がかかるかもしれません。

ご了承ください。

 

これから研修がありますが、がんばってきます!

 

Uta